FC2ブログ

英語と歩いてこぅ♪

英語育児を地道にコツコツ、バイリンガル目指した育児も、ひと段落。時には英語、時には日本語な息子との日々。

バイリンガルへの道

英語絵本、英語教材、英会話スクール、 外国人講師、翻訳、通訳、小学校英語指導者資格、 バイリンガル育児、英語子育て・・・。 いろいろ試して、いろいろ出会って、英語を通して 世界が広がり、世界を知り、世界と出会う。 日本で暮らし、日本で学び、どこまで「バイリンガル」に 近づけるだろう?親子だからこそ、できることがある。 どこまで行けるか、まだまだこれから。

シンプルな英語

Posted by Bom on   0 comments   0 trackback

ウェブレッスンにもだいぶ慣れてきた息子。
こないだは、おやつのクッキーを食べ終わらないうちにコールが鳴り
口をモゴモゴしながらビデオをオンにしたら、先生、大爆笑。

そりゃそーだよね・・・。
「Excuse me!」とか言いながらも、必死に飲み込もうとしてる息子・・・。

個性の強い息子のキャラは、先生の特殊な個性とマッチングした模様。
母が思うに、毎回同じ先生にお願いしているので、少しずつ息子の進歩が感じられて
先生も喜んでくれてる。

基本となるシンプルな表現をしっかり定着させたあと、
少しずつ息子自身が文章を組み立てて、言いたいことをアレンジしていくよう
指導してくれてるので、息子もだんだん自分で手ごたえを感じるのか
ちょっと前までの感覚を少し取り戻してきてるのか、楽しそう。

「会話」重視の、理想的なレッスンは、横で黙って見てるママも楽しい。
先生と息子が楽しそうだから、なおさら。

というか、年齢も文化も相反する個性と個性が、「英語」っていうツールで絶妙に交わり
会話を増すごとに、どんどん繋がりを強くしていってる。
先生と生徒だけど、単なるレッスンに終わらない自然なコミュニケーションがそこにはある。
英語力以上に、息子に学んでほしいモノがきちんとあるレッスン。

母はただただ、感動するばかりです。


年度末。
仕事の波におされ、帰宅するころには廃人と化している余裕のない母は
家で英語を使う意識が低下しがち。

忙しさと疲労にかまけ、ウェブレッスンの先生だけにお任せせずに、
自分のためにも、明日から4月。
またブツブツ一人、家で英会話してたら、息子ものってきてくれるかなぁ~?


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bbom.blog80.fc2.com/tb.php/442-9fd81517