FC2ブログ

英語と歩いてこぅ♪

英語育児を地道にコツコツ、バイリンガル目指した育児も、ひと段落。時には英語、時には日本語な息子との日々。

バイリンガルへの道

英語絵本、英語教材、英会話スクール、 外国人講師、翻訳、通訳、小学校英語指導者資格、 バイリンガル育児、英語子育て・・・。 いろいろ試して、いろいろ出会って、英語を通して 世界が広がり、世界を知り、世界と出会う。 日本で暮らし、日本で学び、どこまで「バイリンガル」に 近づけるだろう?親子だからこそ、できることがある。 どこまで行けるか、まだまだこれから。

マイルストーン

Posted by Bom on   0 comments   0 trackback

個別懇談も終わり、もうすぐ夏休みです。

学力テストの結果や、学校生活の様子、いろいろ先生とお話して
1学期を通して、先生は息子のことをよく見てくれてたんだなぁ・・・という印象の懇談でした。

学力面は、親がさほど心配しなくてもちゃんとできてるみたいで
男友達と取っ組み合いのケンカをしても、翌日にはお互いケロッとしてたり
ママが一人ハラハラしてるのをヨソに、毎日をエネルギッシュに生き抜く小学4年生。

そろそろ何か打ち込める何かを・・・
有り余るパワーを注げる何かを・・・

そんなものを模索していた1学期。

息子の学校での作文や、英会話レッスンでの先生との会話に出てくる
バドミントンに対する息子の夢。

ぼんやりしたものを現実にするために
本腰据えて、スパルタコーチが率いるバドミントンスクールに入団を決意。
バドミントン一色に染まる、息子のこれからの人生の始まり。


ママは通訳ボランティア講座が終わり、息子の練習の送り迎えに今後はさらにバタつく気配。
講座では、いろいろ通訳のコツを教わり、勉強になったなぁ。

  

講座と並行して読んでたこの本も、「なるほど」がいっぱい詰まった為になる1冊だった。

実際に人と接して学ぶ英語。
活字から学ぶ英語。

どちらが欠けても、一種の酸欠状態みたいになるけれど、
講座では、素直に素晴らしいと思える「人」にまた会えて、浄化完了!


父からバドミントン。
母から英語。

そのどちらも、物心つく前からつきあわされ、影響を受けてきた息子が
変わらず今も磨き続けてくれていることが、私も旦那も、嬉しい。
自分の好きなモノを、息子を通して見れたとき、また新しい発見やおもしろさに気づく。



小学校でボランティア読み聞かせをしてくれている保護者の方が
この本を読んでくれたらしい。

息子の本棚にも置いてあるこの1冊。
担任の先生からも、「英語の読み聞かせのときは、いつもに増して反応良くて、イキイキしてます」

今まで積み重ねてきた時間が、キラリと輝く瞬間。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bbom.blog80.fc2.com/tb.php/458-15e7b36d