FC2ブログ

英語と歩いてこぅ♪

英語育児を地道にコツコツ、バイリンガル目指した育児も、ひと段落。時には英語、時には日本語な息子との日々。

バイリンガルへの道

英語絵本、英語教材、英会話スクール、 外国人講師、翻訳、通訳、小学校英語指導者資格、 バイリンガル育児、英語子育て・・・。 いろいろ試して、いろいろ出会って、英語を通して 世界が広がり、世界を知り、世界と出会う。 日本で暮らし、日本で学び、どこまで「バイリンガル」に 近づけるだろう?親子だからこそ、できることがある。 どこまで行けるか、まだまだこれから。

英語育児をやってきて

Posted by Bom on   0 comments   0 trackback

ハロウィンも終わり、お部屋もクリスマスへと模様替え。

K がアメリカへ帰り、もうすぐ E も日本を発つ。
こないだ久しぶりに再会した E と息子を見ていて思った。

そろそろ、英語育児も落ち着いたかな・・・?って。

同じくらいの年頃の男の子が、一生懸命 E に伝えようと話してるけど伝わらない。
それを横で見ていた息子が、その子の代わりに英語で E に通訳して
嬉しそうにしてる男の子と、満足そうな息子の笑顔。

あぁ、もういっかな?って。

ウェブレッスンも、コツコツマイペースに続けて
文法ワークも、ぼちぼちこなして。

私が家で、英語で会話をし続けてたら、もう大丈夫かな?って思える頃になったんだ。

ずぅ~~っと息子が慣れ親しんできた英語絵本も、DVDも、今は2歳くらいの子供をもつママさんたちに貸し出し
「いったいどうやったら?」っていうママたちの問いに、いろいろやりすぎてきて、
うまく説明できないけど、きっとどれもこれもが、今の息子の英語力を作ってきたんだと思う。

まだ、終わりではないけれど、ママはだいぶ、肩の荷がほどけたような安堵感を
最近の息子を見ていて感じる。

英語育児やってきてよかったな、って振り返る余裕ができ
その足跡を誇りにも思うし、なにより今の息子を見ていて、うれしい。
普通に外国人と、英語でコミュニケーションしてるところを見ると一番。

1歳半のときに、ポテポテ、外国人の周りをウロウロしていた息子は
10年弱の間に、それなりに英語を使える少年に成長した。

あとはもう少し離れたところから彼を見守り、私から巣立つときまであともう少しだけ
力を注いであげられたらいいな、と思う。

今まで出会えた、外国からのギフトに感謝。

英語は、「世界を繋ぐ」。
もっとたくさんの日本の子供たちが、そんな力を培ってくれたら素敵だなと思う。

私は今仕事で、中国の人とも、イスラムの国の人とも、インドの人とも、韓国やアフリカからの人とも
全部が全部、英語で意思疎通をとって働いてる。

みんなそれぞれ母国語があるけど。

これが、当たり前の世界の姿なんだと実感してる。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bbom.blog80.fc2.com/tb.php/466-c80d9273