英語と歩いてこぅ♪

英語育児を地道にコツコツ、バイリンガル目指した育児も、ひと段落。時には英語、時には日本語な息子との日々。

バイリンガルへの道

英語絵本、英語教材、英会話スクール、 外国人講師、翻訳、通訳、小学校英語指導者資格、 バイリンガル育児、英語子育て・・・。 いろいろ試して、いろいろ出会って、英語を通して 世界が広がり、世界を知り、世界と出会う。 日本で暮らし、日本で学び、どこまで「バイリンガル」に 近づけるだろう?親子だからこそ、できることがある。 どこまで行けるか、まだまだこれから。

あたたかいみんなへ

Posted by Bom on   0 comments   0 trackback

病は突然、やってくるもの。

インフルエンザにかかってしまいました。
検査が早すぎたせいで、反応がでず
飲んではいけないとされる薬を間違って処方され
一週間、ベッドの中。
仕事も学校も練習も、全部お休み。

次々に家族に伝染し、気づけばみなインフルエンザ。
地獄絵図と化した我が家は、家族全員で乗り切るしかなく、互いに迷惑かけながら、互いに協力しあって、なんとか社会復帰ができるところまで回復しました。

息子の大事な遠征も、選手権も棄権。
父も仕事の多忙期に、電話は鳴り止まぬわ、咳は止まらぬわ。
母、人生を悲観し、すべてに放棄寸前。

近所は祭りムードな中、我が家は毎日咳だけが響くうめき声。

キレマシタ。

何に?
誰に?
なぜ?

キレるときは、たぶん理由も理屈もいりません。
薬を間違って飲むと、ひどい目にあうこと。
医者を信頼してはならないこと。
健康あってこその生活だということ。

動けなくなって6日目、いろんな感情をベッドの上で繰り返し、ある瞬間にキレタときから急に、
ウィルスを自力で殺してやろうと思いました。

何回か今までの人生で落ちましたが、大抵は精神的なことばかりで、カラダに異常をきたすほどではなかったけど、今回はダブル。

私をおとしめる全ての闇に、真っ向から立ち向かう勇気と気概が、まさかヨレヨレで、声も出ない状態から湧いてくるとは思いもよらず。

人はキレると、眠っている力を目覚めさせることがきるんですね。
なんでもできそうな気分です。すっかり熱は下がりましたが、明らかに今の私はアツイです。
オリンピックにだって出れそうなくらい。

私の仕事を、何も言わなくてもかわってくれて
心配していろいろ動いてくれたみんなのためにも
私はこれから大きな仕事に取り掛かる。
背負うものは大きい。
全てを潰した自分の中のプレッシャーは、もう熱と一緒に消えてった。

さぁ、かかってこい。
もう絶対、自分に負けたりはしない。
怖いものは、もう何もない。

やってやろうじゃない。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bbom.blog80.fc2.com/tb.php/501-4d88f17c