FC2ブログ

英語と歩いてこぅ♪

英語育児を地道にコツコツ、バイリンガル目指した育児も、ひと段落。時には英語、時には日本語な息子との日々。

バイリンガルへの道

英語絵本、英語教材、英会話スクール、 外国人講師、翻訳、通訳、小学校英語指導者資格、 バイリンガル育児、英語子育て・・・。 いろいろ試して、いろいろ出会って、英語を通して 世界が広がり、世界を知り、世界と出会う。 日本で暮らし、日本で学び、どこまで「バイリンガル」に 近づけるだろう?親子だからこそ、できることがある。 どこまで行けるか、まだまだこれから。

40のおばちゃんになる前に

Posted by Bom on   0 comments   0 trackback

このブログも、細々ダラダラ続けてきたけど
その時その時に感じたこととか、一生懸命だったこととか
我が人生の歩みを垣間見れるほど、けっこうな期間続けてきたな〜。

つい先週、私たち家族がここ数年取り組んできたプロジェクトを
ある意味突発的に、リセットしました。

3人で夢中で走ってきたけれど、3人共にどうしても納得のいかなかった
ある一部分に、もうこれ以上は受け入れられない。おかしいだろ!と、
不思議と意見が一致し、ものすごい強行手段ではあったけど、
綿密に夜遅くまで話し合い、実行しました。

実際に可笑しいくらい予想通りの展開で、私たちの意思はものすごく固かったので
結果的には気持ちよくスッキリ、方向転換ができました。

私たちにとっては、今後の人生にも影響してくる大きな課題だったんで
これまで精神的にも随分と影響してたようで、しばらくは3人共に変な後遺症みたいな
言葉では説明できないものを心底感じたわけですが、

私たちらしく、信じた道を進んでいくという
自由を勝ち取った喜びと
それとはひきかえに失ったものへの喪失感と
何よりも、何があっても、絶対に守らないといけないものを、
再確認できた戦いでもありました。

私たちは、今までも根無し草のように
不器用に、忙しく生きてきました。

それでも、その時々で、それぞれが信じたものを頼りに、
フワフワしながらも、強くなってきました。

人は、花のような生き物だと、この頃つくづく感じます。
自分らしく、最高の花を咲かせられる場所は、誰かに決められた場所ではムリなんです。
水が違えば、空気が違えば、そこでは、本当の自分にはなれない。

早い段階で、そのことに気付けたことに感謝して
私たちはまた、私たちだけの道を探して、歩いていきます。

いつも、どんなときも、どこにいても、
たった1人の旦那、たった1人の息子。
私を照らしてくれる家族がいてくれることが、何よりの幸せ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bbom.blog80.fc2.com/tb.php/503-abed0300