FC2ブログ

英語と歩いてこぅ♪

英語育児を地道にコツコツ、バイリンガル目指した育児も、ひと段落。時には英語、時には日本語な息子との日々。

バイリンガルへの道

英語絵本、英語教材、英会話スクール、 外国人講師、翻訳、通訳、小学校英語指導者資格、 バイリンガル育児、英語子育て・・・。 いろいろ試して、いろいろ出会って、英語を通して 世界が広がり、世界を知り、世界と出会う。 日本で暮らし、日本で学び、どこまで「バイリンガル」に 近づけるだろう?親子だからこそ、できることがある。 どこまで行けるか、まだまだこれから。

英語について書いてみる

Posted by Bom on   0 comments   0 trackback

このところヨガにハマってるせいか
英語のブログだったっけね〜ってことで
久しぶりに書いてみる。

3月は節目の季節。
職場でも退職される先生方や職員さん
異動になる上司や同僚
送別会があちらこちらで。

英語教育を担ってきた外国人の先生の
退職記念講演に少し顔を出して思ったのです。

久しぶりのナチュラルスピードのオールイングリッシュのご講演は、ユーモアも所々に散りばめられていて、あっという間の45分間だった。

これからの英語高等教育は、英語そのものの学習よりも、国際理解だったり、コミュニケーション力だったり、もっと広い意味での学びが学生には必要だという内容は、けっこう共感できたな。

息子は中学に入って、英語が正式な教科として幅を効かせるようになってから、英語育児の恩恵にあやかり、お陰様で英語の成績だけは満足のいくラインを維持しつつも、たまにペーパーテストで、ガチガチ文法の解答が求められるのか、間違いではないのだけれど、「×」がつけられている答案をよく目にする。

決まって、「これは間違いじゃない。模範解答通りじゃないから間違いにされてるだけで、しっかり意味も理解して伝わる解答ができてるから全然オッケー!」

我が家では受験向きではない英語教育を断固として推奨中。

英語教育のワークショップだとか、専門的な研究成果だとか、いろいろ好奇心をくすぐられるイベントが開催されてる職場にも関わらず、業務の都合で参加できず断念している今日この頃。

なもんで、今日の記念講演は貴重なひとコマだったな。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bbom.blog80.fc2.com/tb.php/518-b8ea94e2